防御率0点台のジョンソン まさかの大炎上8失点「アンラッキー…」

[ 2015年5月24日 05:30 ]

<広・ヤ>6回1死二塁、荒木に四球を与えマウンド上に集まるジョンソン(左から4人目)ら広島ナイン

セ・リーグ 広島8-12ヤクルト

(5月23日 マツダ)
 12球団で唯一、0点台の防御率を誇った広島・ジョンソンがまさかの大炎上だ。来日ワーストの6回途中13安打8失点KO。左腕は伏し目がちながら「打たれたが、強打は3本ぐらい。打ち取った打球がいい所に飛ぶアンラッキーが多かった」と強気に振り返った。

 2回に打者一巡の猛攻を許し、序盤3回までに被安打10。中盤は立ち直ったかに見えたが、5―4の6回1死満塁で畠山に右前2点打を浴び、首脳陣はたまらず交代の断を下した。が、前夜勝利投手になったばかりの今村に、火が付いたツバメは止められなかった。

 勢いづくべきサヨナラ勝ちの翌日に、今季ワーストの大量12失点。こうも波に乗り切れないと借金返済はおぼつかない。防御率が1点以上跳ね上がった助っ人はトップの座から陥落。緒方監督は「イニング的にも球数的にも、6回までは投げてほしかったけどね…」と渋い表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月24日のニュース