今の清田ならできる!“天敵”金子から満弾 夢は球宴出場

[ 2015年5月24日 05:30 ]

<オ・ロ>2回1死、清田は左越え満塁弾に笑顔

パ・リーグ ロッテ6-5オリックス

(5月23日 京セラD)
 プロ6年目にして初めての快感だ。2回に1点をリードしてなおも1死満塁。ロッテ・清田の体が、金子が投じた内角のシュートに自然と反応した。

 「金子さんだから一気に(相手を)つぶしにいかないといけない場面。体が勝手に動いてくれた」。左翼席に飛び込む7号はプロ初のグランドスラム。今季初登板となったオリックスのエースを見事に打ち砕いた。

 試合前、伊東監督は選手全員を集めて気合を入れた。「オリックスが金子をうちに当ててきた意味を考えろ。これまでずっとやられてきたからだ。何としてもつぶすぞ!」。1番打者として好調な打線をけん引する清田の心にも強く響いた。「絶対に負けられないと思った。12球団を代表するエースと対戦できるワクワク感と自信を持って打席に立てた」。満塁弾という最高の結果で、昨季チーム打率・137と抑え込まれた天敵を3回でKOし、チームも今季初の4連勝で勝率5割復帰にリーチをかけた。

 10試合連続安打で、打率・359は規定打席に到達していないものの「隠れ首位打者」。あと5試合前後で規定打席に到達する計算だ。普段は謙虚な男が、長年抱いてきたある夢を口にした。19日から投票が始まったばかりのオールスターへの初出場。「プロの世界に入って、一流の選手が集まる舞台。今までテレビで見ていたけど、もちろん出てみたい気持ちはある」。今の清田なら決して夢物語ではない。

 ▼ロッテ・石川(先発して7回7安打3失点で今季4勝目)球自体は今季一番良かった。失点した5回だけですね。清田さんは僕が投げる試合はいつも本塁打を打ってくれるので本当に心強い。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月24日のニュース