ソフトバンク マッチだ!ウッチーだ!同一カード3連敗阻止へ一発攻勢

[ 2015年5月24日 15:28 ]

 ソフトバンク・松田宣浩内野手(32)が先制の11号3ランを放てば、内川聖一外野手(32)も4号ソロで続いた。

 まずは選手会長の松田。初回2死一、二塁で日本ハム・有原の直球をバックスクリーン右へ運んだ。「よく飛んでくれた。いい流れで先制点を挙げることができた」。いつも以上に大きなアクションで右翼席保ファンへ向かって吠えた。負けじとキャプテンの内川も4回に左中間へ。「簡単に3者凡退で終わりたくなかった」と同一カード3連敗阻止に意欲満々だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月24日のニュース