女性人気はチームNo・1!ハム西川人生初満弾

[ 2015年5月24日 05:30 ]

<日・ソ>2回1死、西川は右越え満塁本塁打を放つ

パ・リーグ 日本ハム9-2ソフトバンク

(5月23日 札幌D)
 日本ハム・西川が人生初の満塁弾をかっ飛ばし、交流戦前の首位を決めた。2回、1点を先制し、なお1死満塁。3ボールから「打て」のサインに意気に感じ、スタンリッジの直球を思い切り振り抜いた。

 「打った瞬間に入ったと思った。1ストライクを取られて勝負するより、振っていった方が結果が残ると思った」と自画自賛した打球は右翼席に突き刺さった。4安打4打点の活躍で打率は・313に急上昇。チームの今季2度目の4連勝に貢献した。

 端正な顔立ちで女性人気はチームNo・1。22日から開催中の「ウーマンズフェスタ2015」では女性限定の「ガールズシート」が設けられるなど大盛況で女性ファンからひときわ、大きな声援を浴びた23歳は「(交流戦前の首位は)チーム全員で勝ち取ったもの。残りも突っ走りたい」と笑顔だった。

 ▼日本ハム・中田(7回に今季初となる右翼へ16号3ラン)右方向に本塁打するのはとても難しいが、広角に打てれば打率も上がってくる。

 ≪カウント3―0から≫西川(日)がカウント3―0からプロ入り初の満塁本塁打を放った。カウント3―0からの満塁弾は昨年10月6日に山田(ヤ)がDeNA戦で放っているが、パでは92年4月16日ロッテ戦でマルチネス(オ)、06年8月26日西武戦でズレータ(ソ)がマークして以来3本目。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月24日のニュース