立大・沢田圭が自己最速149キロ プロ注目・大城は先頭打者弾

[ 2015年5月23日 14:28 ]

京六大学野球春季リーグ第7週  立大3―5明大

(5月23日 神宮)
 立大のエース右腕・沢田圭が自己最速タイの149キロを計測した。5回から3番手で登板し2回1安打3奪三振無失点。今季は開幕から本調子ではなかったが、ここに来て復調。「これまでは打たれることを怖がっていた部分があった。きょうは思い切って腕を振ることだけを考えた」と振り返った。

 今秋ドラフト候補の1番・大城は初回に今季2本目となる先頭打者弾を放ち通算103安打に伸ばした。「ホームランはタイミングが完璧だったが、その後の打席がダメだった」と反省しきりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月23日のニュース