田辺監督、武藤敬司との打席対決に勝利 次はプロレス対決!?

[ 2015年5月23日 14:18 ]

田辺監督(左)と武藤敬司は対決を終え、一緒にプロレスLOVEポーズ

 西武・田辺監督が23日の楽天戦(西武プリンスドーム)前に、プロレスラー・武藤敬司との1打席対決を行った。田辺監督の地元を盛り上げる「山梨県富士吉田市スペシャルデー」の一環。

 武藤は、田辺監督と同郷で下吉田中の4学年先輩。武藤の妹が、指揮官と同級生だったことから昔からの知り合いだ。

 「けっこう遠いな!」とマウンドに上がった武藤の外角低めのボール球を見逃すと、2球目を左前に運び、田辺監督に軍配が上がった。

 2人はがっちりと握手し、2人で武藤の代名詞「プロレスLOVEポーズ」を決めた。武藤は「頑張っている姿を見て、エネルギーをもらっている。ぜひ勝ってほしい。監督の一打で、打線にも火が付いて欲しいね」と笑顔だった。さらに「次はプロレス対決だね」と挑戦状をたたきつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月23日のニュース