イチロー、安打数での比較には否定的 ルースとは「タイプが違う」

[ 2015年5月23日 13:28 ]

オリオールズ戦の2回、左前打を放ち、メジャー通算2874安打としたマーリンズのイチロー(AP)

インターリーグ マーリンズ5―8オリオールズ

(5月22日 マイアミ)
 4試合ぶりに先発出場したマーリンズのイチロー。“歴史的瞬間”は2回の第1打席で訪れた。オリオールズの先発ヒメネスに対し、フルカウントからファウルで2球の粘った後の8球目。86マイルのツーシームを鮮やかに左前に運んだ。

 メジャー通算2874安打。“野球の神様”と称されたベーブ・ルースの873安打を抜いて歴代単独42位に浮上したイチローは「それこそアメリカ野球の象徴、神様みたいな人」とルースへ尊敬の念を示し、「僕とは全然タイプが違って安打の数が比較にはならないでしょう。体形なんかも含めて僕とは全然違う。アメリカの人、野球の歴史が好きな人、ルースが好きな人にとっては何かあるのかもしれませんが、それ以外の人にとっては名前のインパクトだけじゃないのかな」と、安打数で比較されることには否定的なコメント。

 イチローは9回にも投手内野安打を放ち、メジャー通算は2875安打に。オリックス時代には1278安打を記録しており、通算最多のピート・ローズの4256安打まで日米通算であと103本に迫った。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月23日のニュース