楽天純国産打線で6点も銀次が…クロスプレー負傷、車椅子で病院へ

[ 2015年5月23日 05:30 ]

<西・楽>8回1死一、三塁、後藤の左飛で三走銀次が本塁に突っ込むも憤死。左すねを負傷

パ・リーグ 楽天6-1西武

(5月22日 西武D)
 楽天は不振のペーニャを外した「純国産打線」で6点を奪った。

 2回に嶋の左前適時打で先制。同点の5回には銀次が決勝の中越え適時二塁打を放ち、9回は藤田が人生初の満塁弾。5回無死一、二塁で送りバントを失敗した藤田は「ミスを取り返すつもりだった」と燃えた。だが銀次は8回の本塁クロスプレーで左すねを痛め、試合中に車椅子で埼玉県内の病院へ。出場選手登録を抹消される可能性もあり、大久保監督は「骨とかじん帯を痛めたのでなければいいけど」と心配した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月23日のニュース