能見、約1カ月ぶり3勝目「なるべく高めにいかないよう意識」

[ 2015年5月23日 20:07 ]

セ・リーグ 阪神4―2DeNA

(5月23日 横浜)
 阪神の能見が9回2失点で約1カ月ぶりの勝利となる3勝目を挙げた。立ち上がりはマウンドが合わなかったといい、球が浮く場面が目立った。それでも中盤以降は「なるべく高めにいかないよう意識した。意識しないとすぐ高めにいくから」と集中して低めに集め、淡々と打者を打ち取った。

 1点リードの9回に適時打を浴びて追い付かれたが、直後に味方が2点を勝ち越して白星が転がり込んだ。和田監督は「粘って、それがあっての勝ち投手」と力投をたたえていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年5月23日のニュース