オリ金子ぶっつけロッテ戦先発へ 2軍登板なし「関係ない」

[ 2015年5月23日 09:23 ]

キャッチボールで調整する金子

 23日のロッテ戦(京セラドーム)で先発復帰するオリックスの金子千尋投手(31)が22日、1軍に合流した。キャッチボールや短距離ダッシュなどを行い、練習後には森脇監督と話し合う光景もあったが、試合前日は報道対応しないという自身の考えがあり、言葉を発せず、早くも戦闘態勢に入った。

 昨年11月に右肘手術を受け、目指していた開幕投手は断念したが、5月に入ると右肘の状態も上向き。13日に2軍練習でシート打撃に登板し「違和感はなかった」と手応えをつかんでいた。結局、2軍戦登板がないまま1軍復帰が決まったが、「(ぶっつけ本番は)関係ない。人によって違う。練習を見てもらえれば分かる」と問題なしを強調していた。チームは現在、最下位だが、昨年16勝を挙げた最多勝右腕の復帰で巻き返しを図りたい。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月23日のニュース