福留、連日の大活躍 それでも「ぼちぼち」

[ 2015年5月23日 18:18 ]

10回表2死満塁、福留は勝ち越しの2点適時打を放つ。投手安部

セ・リーグ 阪神4―2DeNA

(5月23日 横浜)
 DeNAのホーム連勝記録を止めたのは、阪神のベテラン福留のバットだった。

 1―1で迎えた9回に1度は勝ち越しとなる左犠飛を放つと、2―2で迎えた延長10回には2死満塁から中前へ決勝の2点タイムリー。「前の打者(荒木)が四球だったので初球から何でもいってやれと思い切っていった」と初球打ちに“してやったり”の表情を見せた。

 前日は5号アーチを含む3安打2打点で、この日はチームの4点中3打点を荒稼ぎ。調子が上がってきたのかとの問いに「その日によりけりなので分からないが、ぼちぼちだと思います」と38歳のベテランは余裕を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月23日のニュース