マー君 次回登板は27日に決定 3Aで65球メドに

[ 2015年5月23日 06:55 ]

キャッチボールを終え引き揚げるヤンキース・田中

 右手首の腱炎と右前腕部の張りで故障者リスト入りしているヤンキースの田中将大投手(26)が、27日(日本時間28日)に傘下3Aスクラントンの一員としてポータケット戦で2度目のリハビリ登板に臨むことが決まった。65球をメドに投げる予定。22日(同23日)、ジョー・ジラルディ監督が明かした。

 DL入り後初の実戦登板となった21日のダーラム戦は3回で41球を投げ、2安打無失点、2奪三振と好投。登板から一夜明け、田中の状態を確認した指揮官は「右腕の状態はよかった。次のステップは65球だ」と明かした。田中は登板から一夜明けたこの日、約30メートルの距離で軽めのキャッチボールを行った。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年5月23日のニュース