勝ち権利あと1人で降板…“誤サン”ティアゴ メッセと入れ替えか

[ 2015年5月23日 05:30 ]

<D・神>5回2死、勝利投手の権利を得るまであと1死のところで降板するサンティアゴ(右端)

セ・リーグ 阪神5-6DeNA

(5月22日 横浜)
 これが首位を行くチームの底力だろうか。3回までに5点のリードをもらったにもかかわらず、阪神・サンティアゴは5回を投げきることができなかった。あと1死が、とてつもない遠さになり、来日2度目の登板は幕を閉じた。

 悔やんでも悔やみ切れない5回となった。2死一塁から関根に四球を許すと、さらにリズムが狂った。次打者・下園に左前適時打を浴び1点を失う。なおも2死一、二塁で筒香に右翼上段への3ランを浴び、一気に1点差。無念の降板となった。

 「野手のみなさんが頑張ってくれていたのに、自分が踏ん張ることが出来なかった」

 普段は笑顔が多い陽気な右腕も、落胆の色が濃く、言葉をポツリポツリと紡ぎ出すのが精いっぱい。「本塁打より、その前の関根への四球が良くなかった。内容的にも良い流れを手放した」と悔しさをにじませると、指揮官も「関根への四球が痛かった。4回から球がね…」と勝敗を左右した場面を力なくふり返った。

 前回15日の中日戦で来日初登板初勝利を飾ると、周囲の変化も感じていた。買い物に行くと「マリオだ! 頑張ってね!」とファンから声もかけられるようになったという。「ここ(阪神)のファンは今までで一番。それだけにファンのためにベストを尽くすのが僕の仕事だ」と感謝の気持ちをさらに強くし、この日のマウンドに上がった。それだけに、不甲斐ない自分が許せなかった。

 4回2/3を投げ5安打4失点と結果を残せなかった第5の助っ人は、外国人枠の問題で戻ってくるメッセンジャーと替わって出場選手登録を抹消されることが濃厚。「お疲れ様」の声が何とも寂しく聞こえた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月23日のニュース