日本ハム・西川がプロ初の満塁弾「打った瞬間入ったという手ごたえ」

[ 2015年5月23日 15:45 ]

<日・ソ>2回、1死満塁で本塁打を放った西川
Photo By スポニチ

パ・リーグ 日本ハム―ソフトバンク

(5月23日 札幌D)
 日本ハムの西川がプロ初となる満塁本塁打を放った。

 日本ハムは2回、1死満塁の場面で杉谷の内野安打で1点を先制すると、続く打席には西川。ソフトバンクの先発・スタンリッジが投じた4球目のストレートを完ぺきに捉えると打球はライトスタンドに吸い込まれる3号満塁弾となった。

 カウント3ボールから積極的にバットを振った西川は「打てのサインを出してくれたので、思い切りいきました。ランナーのたまり方も勢いがつくようなたまり方でしたしね。打った瞬間入ったという手ごたえでした」とプロ5年目で初となるグランドスラムの感触を振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年5月23日のニュース