阪神、首位討ち! 延長10回、福留決勝打 DeNAは球団新記録ならず

[ 2015年5月23日 17:40 ]

延長10回1死一塁、鳥谷は暴投の間に一塁から三塁に進む

セ・リーグ 阪神4―2DeNA

(5月23日 横浜)
 阪神が延長戦の末に首位DeNAを下した。DeNAは球団新記録となるホームゲームでの12連勝はならなかった。

 阪神は2―2で迎えた延長10回、DeNAの4番手・安部の乱調につけこみ、3四球を得て1死満塁。ここで打席に入った福留が中前へ2点適時打を放って勝ち越し、その裏を2番手・福原が無失点に抑えた。

 DeNAは0―1で迎えた3回、2死三塁から筒香の左前打で同点。9回には勝ち越しを許したが、1―2で迎えたその裏、先頭・筒香の二塁打で築いた1死二塁からバルディリスの左前打で再び同点として延長戦に突入したが、8回1失点の先発・井納の後を受けた中継ぎ陣が制球を乱したのが響いた。

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月23日のニュース