ロッテ 今江 サイクルならず「あのファウルで終わりました」

[ 2015年5月23日 20:00 ]

7回1死一塁、今江は左前打を放つ

 ロッテ・今江が、大記録をあと一歩のところで逃した。23日のオリックス戦(京セラ)で4安打をマーク。2回に左前打、3回に左越え三塁打を放つと、5回には右中間二塁打を放って猛打賞をマークすると同時に、本塁打が出ればサイクル安打という状況になった。

 リーチがかかっていた7回の4打席目は左前打で、9回の5打席目は「サイクルを狙っていました」と打席に入った。3球目を左翼ポール際に大飛球を飛ばしたものの、惜しくもファウル。最後は三ゴロに仕留められ、大記録達成とはならなかった。試合後は「あのファウルで終わりました」と笑顔で振り返った。

 前日は8回に頭部に死球を受けたが、幸いにもヘルメットのツバの部分だったために大事にはいたらなかった。「怖さはなかった。逆に踏み込んでいこうと思ったのがよかった」と4安打と大暴れに胸を張っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月23日のニュース