ミレッジ、雄平と外野守備で衝突…担架でベンチへ

[ 2015年5月23日 15:25 ]

<広・ヤ9>4回1死一塁、梵の打球を追い激突する雄平(左)とミレッジ

セ・リーグ ヤクルト―広島

(5月23日 マツダ)
 ヤクルトの左翼手・ミレッジと中堅手・雄平が左中間への打球を追って衝突するアクシデントがあった。

 広島が1点を追う4回1死一塁、広島・梵が左中間へ転がる打球を放つと、打球を追った2人が激しく衝突。ミレッジの右目付近と雄平の右肩付近がぶつかったと見られ、倒れ込んだミレッジは起き上がれず。担架で運ばれ、そのまま退いた。雄平はベンチで一時治療を受けたにグラウンドに戻り、右翼へ回った。左翼へは右翼手の荒木が回り、中堅には比屋根が入った。

 打球が外野を転々とする間に打者走者の梵までホームイン。広島は一気に逆転した。

 ミレッジは広島市内の病院で診察を受け、右前頭部打撲と診断された。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年5月23日のニュース