巨人・寺内 左ふくらはぎ痛め途中退場 

[ 2015年5月23日 16:50 ]

<中・巨8>4回無死、負傷し退く巨人・寺内

セ・リーグ 巨人―中日

(5月23日 ナゴヤD)
 巨人・寺内崇幸内野手が23日の中日戦で左ふくらはぎに痛みを訴え、途中交代した。

 「2番・二塁」で先発出場した寺内は4回の打席で三塁側へファウルを打ち、走り出した後に急停止して痛めたもよう。トレーナーに付き添われてベンチに下がり、代打・片岡が送られた。

 アイシング治療の後、診察のため、都内の病院に向かった寺内は「去年も同じような箇所を痛めている。(症状が)ひどかったら足を着けていないと思う」と重傷でないことを強調。足を引きずりながらも自力歩行でタクシーに乗り込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月23日のニュース