西武 終盤に競り勝つ!7回浅村決勝打!楽天は継投が裏目

[ 2015年5月23日 17:19 ]

<西・楽>7回、1死一、三塁で浅村が右中間に2点適時二塁打を放つ

パ・リーグ 西武4―2楽天

(5月23日 西武プリンス)
 西武が楽天との競り合いを制して連敗を3で止めた。

 西武は2―2と同点で迎えた7回、この回からマウンドに上がった楽天2番手の金刃から1死一、三塁と好機をつくると、代わった3番手・福山から3回に6号ソロを放っている浅村の右中間を割る2点適時二塁打が飛び出して勝ち越しに成功した。

 先発の菊池は6回6安打2失点と試合をつくり、終盤の勝ち越し打を呼び込んだ。9回は高橋が締めて14セーブ目を挙げた。

 楽天先発のレイも6回4安打2失点と菊池に負けない投球を見せたが、打線が中盤の好機にあと一本が出ず、その力投に応えることができなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月23日のニュース