DeNA 初回に6点で快勝 阪神は甲子園今季初黒星

[ 2013年4月13日 17:04 ]

1回1死二塁、多村(左)に中前適時打を打たれる岩田

セ・リーグ DeNA6―1阪神

(4月13日 甲子園)
 DeNAが初回に6点を入れ、早々と試合を決めた。
 
 3番に入った多村の中前適時打で先制すると、荒波、鶴岡の適時打に加え、阪神は西岡がトンネルして傷口を広げた。先発藤井は毎回走者を許すもマートンの犠飛による1点に抑え、今季初勝利を挙げた。

 阪神は連続無失点記録が「41」イニングでストップ。先発岩田は2回以降、1安打投球だっただけに初回の乱調がもったいなかった。阪神の4連勝はならず、今季甲子園で初黒星。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年4月13日のニュース