雄平 痛恨守備…猛打2号も「捕らないといけなかった」

[ 2013年4月13日 06:00 ]

<巨・ヤ>6回1死、ヤクルト・雄平は坂本の打球の目測を誤り、頭上を抜かれ二塁打に

セ・リーグ ヤクルト3-8巨人

(4月12日 東京D)
 ヤクルトは雄平の守備のミスから今季2度目の連敗を喫した。

 打撃では二塁打が出ればサイクル安打という3安打2打点の活躍を見せたが、守備では自身の2号2ランで逆転した直後の6回に坂本の中堅への飛球を目測を誤って頭を越される痛恨のミス(記録は二塁打)。そこからロマン、久古が5連打を浴びて5失点し「僕のプレーで流れを変えてしまった。打球は伸びたけど、捕らないといけなかった。ロマンに悪かった」とうなだれた。

 ▼ヤクルト・バレンティン(左内転筋肉離れから先発復帰も4打数無安打)結果は出なかったけど、手応えは悪くない。もう少し打席に立たないといけない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース