右腕骨折のグランダーソン 日本からの激励に感謝のツイッター

[ 2013年4月13日 06:00 ]

グランダーソン自身のツイッターで感謝の気持ちを発表

 右腕を骨折し、故障者リスト入りしているヤンキースのカーティス・グランダーソン外野手(32)が自身のツイッターを更新し、日本からの応援メッセージに感謝の気持ちを示した。

 同選手を励まそうと、ユニホームやメッセージ入りの色紙を送ったのは、昨年12月に来日した際に交流した女子プロ野球リーグの選手、大阪府豊中市内の小中学生女子選手、浅利敬一郎市長。これに感激し写真入りでアップした。昨季43本塁打のグランダーソンは2月24日のオープン戦で右腕に死球を受けて骨折。この日からキャッチボールを再開した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース