日本ハム 拙攻響き今季2度目零敗 西川が走塁ミス

[ 2013年4月13日 06:00 ]

<オ・日>5回1死二、三塁、杉谷の飛球で飛び出しアウトになる日本ハム・西川(右は後藤)

パ・リーグ 日本ハム0-4オリックス

(4月12日 ほっと神戸)
 日本ハムは拙攻が響き、今季2度目の零敗を喫した。

 特に痛かったのは0―3の5回だ。無死二、三塁で上位に打順が回ったが、陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)は空振り三振。続く杉谷は浅い左飛に倒れ、飛び出した二走の西川が戻れずに併殺となった。西川は「判断ミス」と肩を落とし、栗山監督も「エース級を相手にそう何回もチャンスはない。いい形の時に点を取らないと」と渋い表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース