雄星 4年目のプロ入り初完封勝利 西武が首位キープ

[ 2013年4月13日 16:48 ]

西武先発の菊池はプロ初の完封勝利
Photo By スポニチ

パ・リーグ 西武6―0楽天

(4月13日 Kスタ宮城)
 西武は投打がかみ合い、首位を守った。先発の4年目菊池は、直球主体でカーブとチェンジアップを有効に使い、楽天打線に的を絞らせず3安打4三振無四球でプロ入り初の完封勝利を飾った。

 西武は初回、1死二塁で栗山の中前適時打で先制。4回には、2死三塁から浅村と金子の連続適時打で追加点。さらに、5回にも栗山が適時二塁打で菊池を援護した。

 楽天は、先発のダックワースは球にバラつきがあり、6回途中で5失点。打線も菊池をとらえきれず連勝ならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース