多村 初回6点猛攻の口火 たたえる指揮官「歴史的な記録阻止」

[ 2013年4月13日 19:49 ]

1回DeNA1死二塁、多村が中前に先制打を放つ

セ・リーグ DeNA6―1阪神

(4月13日 甲子園)
 DeNAは移籍後初めて先発出場した3番の多村が1回の6得点の口火を切った。1死二塁から中前へ先制打。ビジターチームでは今季初の甲子園の得点をたたき出し、打者一巡の猛攻につなげた。

 阪神は4戦連続無失点中だったが「記録は気にしていなかった。一打席一打席、ベストパフォーマンスを見せるだけ」と貫禄を漂わせた。中畑監督は「多村が打ったことで(他の打者の)肩の荷が下りて四球でもいいんだよとなった。歴史的な記録を阻止した」とたたえた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース