法大、立大が先勝 東京六大学野球が開幕

[ 2013年4月13日 17:37 ]

 東京六大学野球春季リーグは13日、神宮球場で開幕して1回戦2試合を行い、昨秋優勝の法大が東大に10―1で大勝し、立大は慶大に8―0で快勝した。

 法大は1―1の5回に4点を勝ち越し、その後も効率よく加点。継投で東大の反撃を抑えた。東大はリーグ戦で引き分けを挟んで47連敗。

 立大は3回に4点を先制し、6回にも3点を追加。3投手のリレーで封じた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース