パドレス・クエンティンは8試合出場停止 ド軍戦で乱闘原因に

[ 2013年4月13日 18:18 ]

 米大リーグ機構は12日、11日のドジャース戦で死球を受けて激高し、乱闘の原因となったパドレスのクエンティンに8試合の出場停止処分と罰金を科したと発表した。ドジャースのヘアーストンには1試合の出場停止と罰金。2人とも異議申し立てをしたため、処分は確定せず、どちらも12日の試合に出場した。

 また、クエンティンに死球を与え、乱闘の際に左鎖骨を折ったドジャースの右腕グリンキーは、復帰まで約8週間かかる見込みであることが明らかになった。大リーグ公式サイトなど複数の米メディアが報じた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース