菅野 2勝目にも満足感なし「次は最後までゼロで」

[ 2013年4月13日 17:31 ]

巨人先発の菅野

セ・リーグ 巨人3―1ヤクルト

(4月13日 東京D)
 プロ初勝利から1週間。巨人の菅野が再び東京ドームのお立ち台に上がった。8回3安打1失点。初の2ケタとなる10三振を奪い、6日の中日戦(東京D)に続く連勝で2勝目。「こんなに早く勝てるとは思ってなかった。うれしいです」。笑顔を弾ませた。

 それでもスーパールーキーに満足感はなかった。7回まで1安打と完封ペースも、8回に2安打を許して1死一、三塁のピンチを背負い、ミレッジに右犠飛を打たれて失点。9回は西村にマウンドを託した。

 「最後まで行きたかったが8回に失点してしまったので。次は最後までゼロでいけるようにしたい」。初完投、そして初完封へ。菅野は一つずつ成長の跡を記していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース