柳田 最後は猪木流で締める「先輩がたくさん打ってくれたのでそのノリで」

[ 2013年4月13日 18:35 ]

<ソ・ロ2>お立ち台でガッツポーズする柳田(左)と長谷川

パ・リーグ ソフトバンク8―2ロッテ

(4月13日 ヤフオクD)
 ソフトバンクが11安打8得点で快勝した。

 「1番・右翼」で起用された長谷川が4打数3安打1本塁打2打点の活躍。3回に先制点となる右前適時打を放ち、今シーズン初の打点を挙げた。「これまで得点圏に打てていなかったので、申し訳ない気持ちでいっぱい。今日はなんとか次につなげようと思った結果がタイムリーになって良かった」と安堵の表情を見せた。

 4回には今季初アーチはバックスクリーンへ。最初は二塁打を判定され、ビデオ判定で本塁打に。「打った瞬間はいかないと思った。しっかり振りきれていたので、よく飛んでくれたなと思う」と振り返った。

 7試合連続安打と好調を維持している柳田も「先輩がたくさん打ってくれたので、そのノリでいった」と勢いに乗った。

 男子デーでアントニオ猪木氏(70)が登場したことにちなみ柳田が「1、2、3、ダー!」と場内を盛り上げた。このムードを、明日にもつなげたいところだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース