西岡 DeNAコーチのヤジに怒りの一打「絶対に打ってやろうと」

[ 2013年4月13日 06:00 ]

<神・D>2回2死二、三塁、阪神・西岡は右前適時打を放ちDeNAベンチに向かって吠える

セ・リーグ 阪神2-0DeNA

(4月12日 甲子園)
 阪神・西岡が怒りの一打だ。初回、見逃し三振に倒れた際、球審の判定に苦笑いで不満を表現。すると、DeNAの友利投手コーチから「判定に対して文句を言うな!」などとヤジが飛んだ。

 これに激高し、言い合いに発展した。試合後「現場で起きていることだから」と多くは語らなかったが、直後の2回に貴重な追加点となる右前適時打。「絶対に打ってやろうと。そういうことがあった次というのは燃える。結果が出てよかった」と興奮気味に振り返った。

 一方、友利コーチは「ほっとけばいいんじゃないの」。遺恨の相手に投手陣が手痛い一打を浴び、不機嫌だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース