DeNA「先手必勝」早打ち狙いは裏目…今季初零敗

[ 2013年4月13日 06:00 ]

<神・D>8回、選手交代を告げたDeNA・中畑監督はお手上げポーズ?

セ・リーグ DeNA0-2阪神

(4月12日 甲子園)
 今季初の零敗に、DeNA・中畑監督は「今年初めて手も足も出なかった。完敗。(メッセンジャーに)素晴らしい投球をされた」と脱帽した。

 各打者が追い込まれる前に早めに打ちに出た。だが、結果として10球以内で打ち取られたイニングは4度。7回無死一塁でもブランコ、ラミレスら後続が凡退した。指揮官は「先手必勝ということで早打ちの指示を出したけれど、凡退すると淡泊に見えるよね。またあす頑張るよ」と悔しさを押し殺した。

 ▼DeNA・中村(7回に先頭でメッセンジャーから中前打)無死一塁でブランコをイメージして結果的に役割ができた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース