国際野球連盟会長 加藤コミッショナーと会談 

[ 2013年4月13日 06:00 ]

 国際野球連盟(IBAF)のリカルド・フラッカリ会長が12日、日本野球機構(NPB)を表敬訪問し、加藤良三コミッショナーと会談した。

 IBAFは13、14日の2日間、都内でIBAFの総会を開催。15年の日本開催を目指す世界大会「プレミア12」の開催と20年五輪で競技復帰を目指すためのソフトボールとの統合団体「世界野球ソフトボール連盟」(WBSC)の規約を承認する見通し。フラッカリ会長は「五輪へのサポート、今回の総会への協力をNPBに伝えた」と話し、加藤コミッショナーは「最大限の努力を継続する」と支援を約束した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース