大友工さん死去 元巨人エース MVPに年間30勝 

[ 2013年4月13日 12:11 ]

亡くなった元巨人投手の大友工さん

 元巨人投手で1953年(昭28)には、最優秀選手に選ばれた大友工さん(おおとも・たくみ)が12日午前5時28分、急性白血病のため東京都内の病院で死去した。88歳だった。

 兵庫県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は次男の泉(いずみ)氏。

 軟式野球出身で、49年に巨人入り。サイドスローから投げ込む速球とスライダーを武器に、52年7月26日の松竹戦ではノーヒットノーランを達成。53年は最多勝、最優秀防御率などに輝き、沢村賞とベストナインにも選ばれ、巨人の3年連続日本一に貢献した。オフの日米野球でニューヨーク・ジャイアンツ相手に完投勝利を収めている。

 55年には30勝を挙げて2度目の最多勝を獲得。60年は近鉄で15試合に登板。通算成績は294試合に投げ、130勝57敗、防御率2・11だった。

 引退後は近鉄、中日で投手コーチを務めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース