中日 中継ぎ陣は疲労困ぱい 高木監督は先発中田賢におかんむり

[ 2013年4月13日 06:00 ]

<中・広>8回、エルドレッド(左)に左越え2号ソロを打たれガックリの中日・武藤

セ・リーグ 中日4-5広島

(4月12日 ナゴヤD)
 中日先発・中田賢の突然の変調で一夜にして最下位に逆戻り。右腕の背信投球に中日・高木監督は「同じことを今日もやって…。ということは“その前”に代えなアカンことになる」と、おかんむりだった。

 初回1死一、三塁をしのぐと5回まで4者連続を含む9奪三振で広島打線を圧倒。しかし2点リードの6回、この日、初めてとなる先頭打者の出塁を四球で許すと3安打を集中され逆転を許した。「5回まで順調に来ていた分、急に…。なんて言えばいいのか、言葉が出てきません」と6回3失点に唇をかみしめた。

 前日11日のヤクルト戦まで4試合連続登板だった田島は起用できず、8回に今季早くも8試合目登板となった武藤が2者連続本塁打を浴びて逆転負け。中継ぎ陣の疲労度は日増しに色濃くなっている。「見ても分かるでしょ?あとの投手が苦しい、いうことが」。指揮官は今後の巻き返しに向け先発陣の奮起を求めた。

 ▼中日・武藤(8回1死から登板し、連続被弾で敗戦投手)一番いい場面で投げさせてもらっているのに…。申し訳ない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース