尚成「最低」投手に押し出し 元阪神ボーグルソン歩かせた

[ 2013年4月13日 06:00 ]

<カブス・ジャイアンツ>5回、ボーグルソン(左)に押し出し四球を与えたカブス・高橋

ナ・リーグ カブス6―7ジャイアンツ

(4月11日 シカゴ)
 カブス・高橋が痛恨の押し出しから逆転を許した。

 5―4の5回1死一、二塁で登板。8番打者に中前打を許して満塁とされると、元阪神の相手先発ボーグルソンに押し出し四球を与えた。日本球界で2本塁打を放っている右腕に「慎重になりすぎた」。後続にも犠飛と適時打を許した。6回は3者凡退も、チームは5―0から逆転負け。高橋は「反省は投手に四球を出したこと。なおかつ押し出したというのは最低のこと」と悔やみきれない様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース