お手上げだった楽天 星野監督 右腕・菊池に期待 “やり返せ”

[ 2013年4月13日 18:08 ]

6回途中に降板する、楽天先発のダックワース(中央)

パ・リーグ 楽天0―6西武

(4月13日 Kスタ宮城)
 打線好調の楽天は西武・菊池の前にお手上げ。140キロ台後半の真っすぐにチェンジアップのコンビネーションに松井は「(チェンジアップで)カウントを取れるし、勝負球にもできる」と、最後までつかまえきれなかったことを認めるしかなかった。

 左腕に対して8番まで右打者を並べた星野監督だが、それが機能せず完敗。「何とかここでつかんでもらわないとチャンスはなくなってしまう」と、期待して使った右打者に奮起を促した。

 14日の先発は右腕の菊池。指揮官は「完封」を求めた。冗談なのか、本気なのか口調は穏やかではなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース