雄星に12安打で援護 小刻み加点で快勝、指揮官「いい形で得点」

[ 2013年4月13日 19:41 ]

1回西武1死二塁、栗山が中前に先制打を放つ

パ・リーグ 西武6―0楽天

(4月13日 Kスタ宮城)
 西武は12安打で6点を挙げ、完封した菊池を援護した。1回に栗山が先制適時打を放つと、中盤以降も小刻みに加点する理想的な展開。渡辺監督は「いい形でチャンスをつくれて得点できた」とうなずいた。

 3安打2打点の栗山は「状態は徐々に上がっている」と手応えを口にする。チームの2桁安打は今季7度目。左膝手術からの復帰を目指す中村が不在だが、つなぐ打線が機能している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月13日のニュース