19歳の永江が2安打!WBCで勉強実る

[ 2013年3月19日 18:35 ]

5回西武無死一塁、永江が左前打を放つ

オープン戦 西武7―5巨人

(3月19日 甲府)
 西武は遊撃の定位置獲得を確実にしている19歳の永江が2安打を放った。オープン戦は打率3割2分4厘と好調を維持。9番打者は「自分が打つと得点力が上がる」とつなぐ意識が好結果に結びついている。

 ワールド・ベースボール・クラシックの試合を録画し、鳥谷(阪神)や井端(中日)の映像を見てタイミングの取り方を参考にしたという。「気を抜かずに基本に忠実にやっていきたい」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース