仙台育英・上林主将 東北勢初優勝を宣言

[ 2013年3月19日 18:18 ]

 明治神宮大会王者の仙台育英は強力打線が看板だが、この日の打撃練習ではヒット性の当たりはほとんどなし。佐々木監督は「バッティングは水物。投手や守備陣が最少点に抑えないと苦しい」と実感を込めた。

 それでも「雰囲気はいい感じできている」(佐々木監督)と手応えは悪くない様子。“秋の王者”として迎える本番へ、上林主将は「秋の成績は関係ない。挑戦者としてやり、東北勢初優勝したい」と力強く宣言した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース