中田3タコ&失策悔しい「また日の丸身につけたい」

[ 2013年3月19日 06:00 ]

<日本・プエルトリコ>9回1死一塁、空振り三振に倒れた中田

WBC準決勝 日本1―3プエルトリコ

(3月17日 サンフランシスコ)
 中田(日本ハム)は不発に終わった。準決勝前のジャイアンツ、カブスとの練習試合で2試合連続猛打賞を記録したが、この日は3打数無安打。守備でも8回に失策を犯すなど精彩を欠き「凄く悔しい」と唇をかんだ。

 それでも次世代の侍ジャパンの主砲候補となる野手最年少の23歳は「また日の丸を身につけたいという気持ちになった」と4年後を見据えた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース