鳥谷好判断から三塁打 唯一ホーム踏む

[ 2013年3月19日 06:00 ]

<日本・プエルトリコ>8回1死、鳥谷は三塁打を放つ

WBC準決勝 日本1―3プエルトリコ

(3月17日 サンフランシスコ)
 鳥谷(阪神)は1番に起用され、ただ一人本塁を踏んだ。

 劣勢の8回、1死から中堅右へ三塁打で出塁。一度は二塁ベース手前で速度を緩めながら相手守備の動きを見て再加速し、三塁を奪う好走。直後に井端の右前適時打で生還した。「いいチームメートと1カ月やれたのは幸せだったと思う」。うつむかず、前を向いた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース