土佐、伝統の全力疾走「手を抜いたら何で選ばれたかわからない」

[ 2013年3月19日 17:59 ]

甲子園練習

(3月19日)
 21世紀枠で20年ぶりに出場する土佐は、選出理由となった伝統の全力疾走を見せた。練習開始を告げるサイレンが鳴り響いた直後、守備位置へと一目散に駆けだし、その後も移動のたびにダッシュを繰り返す。OBの西内監督は「きびきび動くことができていた」とうなずいた。

 高校野球に全力疾走を根付かせた先駆者だけに、織田主将は「手を抜いたら何で選ばれたかわからない。OBの思いもあるので、いつもより全力疾走を意識した」と息を弾ませた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース