2連覇指揮官の王さん&原監督 並んで始球式

[ 2013年3月19日 06:00 ]

<日本・プエルトリコ>始球式を行った前々回王者監督、王貞治(左)と前回覇者の原辰徳、両監督

WBC準決勝 日本1―3プエルトリコ

(3月17日 サンフランシスコ)
 第1回大会の監督で侍ジャパン特別顧問を務めるソフトバンク・王貞治球団会長と、第2回大会監督で同シニアアドバイザーの巨人・原監督が始球式を行った。

 2人はプエルトリコ出身でジャイアンツの往年の強打者オーランド・セペダ氏からボールを受け取り、並んで投球。大きな声援と拍手を受けた。3連覇はならなかったが、王会長は「相手の投手が予想外に良かった。向こうはきのうまで試合をしていた分だけ有利だったのかもしれない」と分析。原監督は「世界一になれなかったのは残念でしたが、本当に良いチームでした」と感想を述べた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース