テレ朝 20日WBC決勝は録画での放送に切り替え

[ 2013年3月19日 06:00 ]

WBC準決勝 日本1―3プエルトリコ

(3月19日 AT&Tパーク)
 日本時間19日に行われる準決勝のオランダ―ドミニカ共和国戦はTBSが午前9時55分から生中継する。侍ジャパンは敗退したが、当初予定通り放送する。

 20日の決勝はテレビ朝日が担当で、侍ジャパンが進出した場合は午前8時55分から生中継を予定していたが、準決勝の結果を受けて、深夜0時30分からの録画での放送に切り替えた。同局関係者は「20日は午前中からお昼にかけての試合でも、祝日だったので多くの方に見ていただけると思ったのですが…」と敗退を残念がっている。

 ≪ラジコで放送のWBC聴取率は41・23%≫ニッポン放送が「radiko.jp」(ラジコ)で放送したプエルトリコ戦のシェア(聴取率)は、中継した4時間の平均で41・23%を記録した。同社が18日、発表した。ラジコはパソコンやスマートフォンでAM、FMラジオを聞くことができるサービス。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース