キューバ代表投手が自動車事故死 今大会も2試合登板

[ 2013年3月19日 06:00 ]

 キューバ代表としてWBCに出場していたヤディエル・ペドロソ投手(26)が17日、自動車事故のため同国内で死去した。複数の現地メディアが報じた。

 国内リーグ・アルテミスタのエース右腕で「ハバナ・タイムズ」は「スターの一人を失った」と伝え、故人をしのんだ。同投手は今大会に中継ぎで2試合に登板し、2次ラウンドの8日オランダ戦でスコープに3ランを浴びるなど防御率5・40。当時19歳だった06年の第1回大会でも、日本との決勝を含む3試合に登板していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース