能見痛すぎる被弾 マウンド形状は「関係ない」

[ 2013年3月19日 06:00 ]

<日本・プエルトリコ>7回無死一塁、リオス(手前)に2点本塁打を打たれる能見

WBC準決勝 日本1―3プエルトリコ

(3月17日 サンフランシスコ)
 痛恨の被弾だった。能見(阪神)が6回から前田健を救援。2イニング目の7回、無死一塁から6番リオスにチェンジアップを左翼席へ運ばれ、重い追加点を奪われた。

 ブルペンとマウンドの形状の違いを指摘する声に「それは関係ない」と首を振っていた。「いろんな選手と一緒にできて、いい経験になった」。先発、中継ぎ両方をこなすなど身を粉にした戦いが終わった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース