氷点下25度から…遠軽 聖地の春体感「暑くてしゃあない」

[ 2013年3月19日 18:13 ]

甲子園練習

(3月19日)
 史上最北からの出場となる遠軽は、ノックを中心に初めての聖地で土の感触を確かめた。冬場は氷点下25度にもなる厳しい環境で練習してきたが、晴れ渡った青空のもと、春の甲子園の暖かさも体感。「暑くて暑くてしゃあないけど、幸せですね」と佐藤監督からは笑みがこぼれた。

 宿舎では選手の多くが暑さに耐えきれず冷房をかけ、朝晩も短パンTシャツで過ごし、ほかの宿泊客に驚かれるという。柳橋主将は「(暑さには)適応させながらやっていきたい」としたたる汗を拭った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月19日のニュース