岩隈 開幕へ不安…四死球絡み失点「修正難しかった」

[ 2013年3月19日 08:44 ]

アスレチックス戦で5回を投げ終え、ベンチに座り込むマリナーズ・岩隈

オープン戦 マリナーズ6―5アスレチックス

(3月18日 フェニックス)
 マリナーズの岩隈は18日、アスレチックスとのオープン戦に先発して5回を投げ、本塁打を含む6安打3失点、3四死球で、2勝目をマークした。

 オープン戦5試合目の登板で初の四死球を献上するなど、苦しんだ岩隈。「最初から全体的に球が高かった。ボールがサラサラして滑る感じで、押さえつけようとして投げた。修正するのが難しかった」とさえない表情で振り返った。

 2年目の今季は先発ローテーションの柱として期待される。シーズン開幕へ不安を残したが、「しっかり調整していきたい。気持ちが高ぶっていけば大丈夫」と前を向いた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース