侍ジャパンVSプエルトリコ 平日昼間で20・3%マーク

[ 2013年3月19日 11:23 ]

 TBS系列で日本時間18日に中継された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝の日本―プエルトリコ(米カリフォルニア州サンフランシスコ、AT&Tパーク)の平均視聴率が、20・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

 同日午前10時58分から166分間の数字で、瞬間最高視聴率は午後1時40分の25・0%だった。

 WBC中継では10日のオランダ戦(TBS系)が、今年放送された全番組の中でNo.1となる平均34.4%をマーク。12日のオランダ戦は30・4%(TBS系)、8日の台湾戦は30・3%(テレビ朝日系)と好視聴率を記録していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース