負傷のライト「後悔はない」メジャー開幕戦微妙

[ 2013年3月19日 06:00 ]

 米国代表としてWBC出場中に左脇腹を痛めたメッツの三塁手ライトが「後悔はしていない。キャンプ中にケガをする可能性だってある」と振り返った。

 全治2~3週間で、開幕までの復帰は微妙となっている。また、大会直前に右手首を負傷し、全治8~10週間との診断を受けたヤンキースの一塁手テシェイラは、復帰へ慎重な姿勢。腱の部分断裂とあり「焦るとシーズンを棒に振る危険性がある」と、離脱がさらに長期に及ぶ可能性も示唆した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年3月19日のニュース